CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ロックンロールが降ってきた日3
ロックンロールが降ってきた日3 (JUGEMレビュー »)

アーティストがロックンロールとの出会いを語る、シリーズ第3弾。
但野正和/ワタナベシンゴ/のび太/尾崎世界観/小山田壮平/後藤正文/山田将司/峯田和伸/田中和将/中村一義/鈴木圭介/曽我部恵一/草野マサムネ/奥田民生/加山雄三
RECOMMEND
放浪隼純情双六 Live 2000-2003 [DVD]
放浪隼純情双六 Live 2000-2003 [DVD] (JUGEMレビュー »)

2003年にリリースされたあの限定生産ライブ映像集が、DVDのみの廉価版となって登場!
RECOMMEND
言葉ははかない スピッツ写真集
言葉ははかない スピッツ写真集 (JUGEMレビュー »)
スピッツ
カメラマン内藤順司氏が撮り続けたスピッツ20年の軌跡!
RECOMMEND
とげまる20102011(初回限定版) [DVD]
とげまる20102011(初回限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)
スピッツ
初回限定版はボーナスディスク、ボーナスCD×2、写真集をハードケースに収めた超豪華限定仕様!
RECOMMEND
ソラトビデオCOMPLETE 1991-2011(初回限定盤) [DVD]
ソラトビデオCOMPLETE 1991-2011(初回限定盤) [DVD] (JUGEMレビュー »)
スピッツ
メジャーデビュー20周年記念!今までの全ビデオクリップ収録+「新月」「どんどどん」も撮り下ろし!初回盤は特典DVD付き!
RECOMMEND
JAMBOREE TOUR 2009 ~さざなみOTRカスタム at さいたまスーパーアリーナ~(初回限定盤) [DVD]
JAMBOREE TOUR 2009 ~さざなみOTRカスタム at さいたまスーパーアリーナ~(初回限定盤) [DVD] (JUGEMレビュー »)

6年振りのライブDVD!初回限定盤は本編DVD+ボーナスDVD+ボーナスCD+豪華ブックレット仕様!!
RECOMMEND
旅の途中
旅の途中 (JUGEMレビュー »)
スピッツ
バンド結成からの20年を振り返る、メンバーによる書き下ろしエッセイ。
RECOMMEND
スピッツ
スピッツ (JUGEMレビュー »)
ロッキング・オン・ジャパン
91年のメジャーデビューから、98年のアルバム「フェイクファー」リリースまでのインタビューと写真が満載です。スピッツの軌跡をこれ一冊でおさらい!
RECOMMEND
音楽誌が書かないJポップ批評 46 (46)
音楽誌が書かないJポップ批評 46 (46) (JUGEMレビュー »)

スピッツとラブリー・ロック大全
RECOMMEND
Twitter
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
OLD DIARY
SPONSORED LINKS
OTHERS

鳥になっちゃう屋根裏部屋

「鳥になっちゃう部屋」の屋根裏ブログです。
スピッツのこととか、スピッツ以外のこととか。日々つれづれ。
2度目の丸旅
今日は一日お休みで、家のネットも復活!というわけで久々にPCに向かってます。

この週末、おととし以来の信州・真田丸旅行を敢行してきました〜!
まずは前回行けなかった松代(まつしろ)から。

真田丸のオープニングにも使われた松代城です。
橋を渡って、閉ざされた門が開いてカメラが右へパンしたところにデーン!と「真田信繁 堺雅人」って出る、あそこのシーンです。
土曜なのにちらほらとしか人が居なくて、とても静かでゆっくり敷地内を散策できました。
あくまで城跡なので、今までの私だったら「なーんだ天守閣無いのか」ってテンション下がってただろうけど、今はもう石垣を見るだけでもワクワクします。
(それは某光舟氏の影響も多大にあるのですが。^^;)

続けて真田宝物館、真田邸、文武学校、それから佐久間象山記念館を巡り、さらに北へちょっと行ったところにある川中島古戦場にも寄ってから、今度は二度目ましての上田へ。

前回は鹿教湯温泉だったので今回は別所温泉にお泊り。今回は無事、温泉に浸かれました。良かった!
料理もボリューム満点で美味しかったし、そこかしこに六文銭や真田丸ポスターがあってテンションUP↑

翌朝は、真田丸じゃなくて真田太平記のほうに度々出てくるという石湯や、北向観音など近くのスポットを散策したあと、車を走らせて真田氏本城跡へ。
見晴らしのいい広い丘のあちこちに堀切跡とか本郭土塁とか看板が立ってて、見る人が見たら何もない場所なんだけど、ここでもテンション上がりまくり。
そして、堺雅人と長澤まさみが劇中で座ってた白樺の丸太が今もあるというので見てきました。(←どちらかというとこちらがメイン笑)


ちなみに裏側はベロンベロン(笑)。
かなり序盤のシーン(撮影は2015年9月とのこと)なので、3年も経てばそりゃこうもなりますよね…。
それでもちゃっかり座ってきましたよ。ええ、ぬかりなく堺雅人が座った側に!←

ほんとはもっと、「ここに行くんだったらついでにここも…」というスポットがたくさんあるのですが、早めに帰らないといけなかったのと、運転手さま(←旦那)の体力を考慮してこのへんで切り上げ。
まだ巡り切れてない所は今後のお楽しみにしたいと思います。

さしあたっては来月研修で大阪に行く予定があるので、ついでに大阪城界隈を巡ってこようと計画中。
今までスピライブ等で何度も大阪に行ってるのにそういう目線で観光したことなかったから、なんかこう…PRGで新たな地図を手に入れて、これまでと同じ場所なのに全く新しいステージが始まるみたいなワクワク感があります。
研修はユーウツだけど、楽しむぞ!




| comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 2018.10.15 Monday 13:45 |
Busy doing nothing
洋画は字幕派な私ですが、推しの声聞きたさに吹き替え版を観に行って参りましたよ。

プーと大人になった僕」(原題:Christopher Robin)

「くまのプーさん」に登場する男の子クリストファー・ロビンが大人になったという設定の映画で、ユアン・マクレガー演じる彼の吹き替え声優を堺雅人がやるってことで、公開初日の金曜、早速観に行ってきました。
以前からピグレット好きをひっそりアピールしている私ですが、実は原作もアニメも通ってきておらず、プーさん関連作品をちゃんと観るのは今回が初めて。(振り返れば今までで一番プーさんに触れたのはキングダムハーツかもしれない。)
この映画のプーさんは、原作の挿絵ともアニメ映画とも違う(というか両者を混ぜ合わせたような)見た目で、CGのぬいぐるみ感がものすごくリアルで可愛かったです。
物語はシンプルでとっても分かりやすく、ほっこりする内容。
冒頭からちょっと泣いてしまったし、プーさん好きな人が観たらさらにグッと来ることと思います。
タイトル通り大人になった僕(クリストファー・ロビン)が主人公なので、仕事に疲れた大人が観ると休みたくなる…どころか仕事辞めたくなるかも?
中でもプーさんが風船のことを「役に立たないけど持ってると幸せ」みたいに言うセリフがあって、そういうの(モノでも経験でも)って人生に必要だよね、としみじみ思いました。
ちょっと違うかもですが、「運命の人」の「余計な事はしすぎるほどいいよ」という歌詞にも通ずるような。
(私はそこまで仕事に疲れてないし、むしろ両手に風船持ち過ぎな気もしますが。汗)

で、肝心の吹き替えですが、これがもう・・・この上なく堺雅人!でした。
いや、堺雅人自体は声も良いし滑舌も良いし、こち亀とか青い文学シリーズとか戦闘妖精雪風とか(←雪風!)でアニメ声優としての評価も高いので、よくある「あの人気俳優が声優に初挑戦!」みたいなパターンとは違うんですけど、実写の吹き替えとなるとやっぱりどうしても…。
一言で言うと、ユアン・マクレガーのイメージと合ってない(汗)。
何せ最初に予告を見た時、ファンの私ですら昔のホットペッパーのCMみたいだなと思ったくらいなので、こりゃあ評価分かれるだろうなと。
私は堺雅人目当てで行ったのでいいんですけど、それにしたって目の前で「ユアン・マクレガーの口から堺雅人の声がする」という不思議現象が2時間起こり続けるわけで、アタマの普段あまり使わない領域をたくさん使ったような気がします(^^;
それでも見続けるうちにだんだん慣れて、逆に楽しくなってきました。
仕事と家庭で板挟みになるお父さん役としてはぴったりなキャスティングだし、最終的には「堺雅人の声であることが気にならなくなってきた」というよりも「ユアン・マクレガーであることが気にならなくなってきた」ほど。
というわけで、堺雅人ファンには吹き替え版をオススメしますが、そうじゃない人には字幕版を強くオススメします(^^;

あれ、なんだかネガキャンみたいになった?
…いや、映画そのものはとてもいいんです。いいんですよ…。
でもやっぱり字幕派としてはユアンバージョンで見直したい。そのあとで、「プーと大人になった堺雅人」という映画だと思ってもう一度吹き替え版を観に行きたいと思います(笑)。
プーさん達の声はアニメに近い(ティガーは同じらしい)ので、そういう意味では吹き替え版はオススメです。

ちなみに金曜は初日舞台挨拶があるかもしれないと思って、当たるかどうかはさておき行く気満々で有休取ってたんですけど、結局やらなかったという…(汗)。
なので、映画を観に行った以外はなんにもしない一日でした。
っていうかこのところ休日は本当になんにもしてないわ…。まさにBusy doing nothing。
映画のメッセージとは逆で、たまには何かせぇよ、と自分ツッコミしたくなる今日この頃です。




| comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 2018.09.16 Sunday 13:25 |
今朝の
大阪の地震はさすがにびっくりしました。
こちらは少し揺れた程度だったけど、最大震度だった市に親戚が住んでいるので、一瞬23年前の事がよぎって朝からドキドキしてしまいました。
幸いすぐ無事が分かってホッとしたけど、余震もしばらく続くだろうから心配。。

震源地付近の皆さんは引き続きどうか安全にお過ごしくださいm(__)m





| comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 2018.06.18 Monday 23:49 |
ロッキンカルテットVol.2
バイオリニストNAOTO氏率いる弦楽四重奏とロックボーカリストによるライブイベント「ROCKIN' QUARTET」に行ってきました。
去年ACIDMAN大木さんを迎えて行なわれた第1弾に続き、今回の第2弾はバクホン将司を迎えて開催!ということで、今日がその初日の名古屋ブルーノート。

行って良かった・・・!!!

チケ代ちょっとお高いし、ぼっち参戦するにはハードル高そうだし、バンドとしてのバクホンを見たいモードだったので最初迷ってたんですが、せっかく名古屋公演あるし…と思い切ってチケ取って正解でした。
バクホンの曲がストリングスと相性いいのは既に実証済みですが、今回はバンド演奏+ウワモノではなく純粋に弦楽(+ピアノ)のみということで、あの曲がこうなるんだ…!という新鮮な驚きの連続で、ずっと楽しめました。
何よりセットリストがぁっっっ…!!
これは弦楽アレンジ似合いそうだなって曲から、ええっ!?これを演っちゃうの!?って曲、さらに○○○(一応伏字)まで、もう大満足でした。
特にバクホンのリズム隊の音の再現が面白かったな〜♪
こんな演奏方法あるんだーって楽しかったし、ものすごくアレンジしてるのに原曲の良さがしっかり生きていてさすがでした。
将司の歌も、「歌」そのものが際立って届いたし。
あと私はステージ向かって左側のテーブルだったんですが、NAOTO氏がファーストバイオリン(左端)なので将司がそっちを向く機会が多く、歌う表情がよく見えたのも良かったです。
カルテットに囲まれてしっとり…と思いきや(もちろんそういう曲もあるけど)、普段のライブと同じくらい汗だくで吠える将司。痺れました。
1日2回公演あって私は第1部を見たんですが、空きがあったら続けて第2部も見たかったくらい。
なんなら明日の大阪としあさっての東京にも行きたいくらい。
そのくらい濃厚で、新鮮で、貴重なひとときでした。
これは良いものを見た…!


こちらは本日のアーティストカクテル「共鳴」。
アルコールとノンアルがあって、せっかくなので(?)ここはアルコール(左)をチョイス。
将司作ということで、テキーラベースの、ちゃんと美味しいほうのマニドリ(語弊)でした!

またこういうイベントがあったら行きたいな〜♪
でも反動でバンドとしてのバクホンライブも以前にも増して行きたくなったので、とりあえず今は11月末が楽しみです。
(↑今度のワンマンツアー名古屋公演。遠っっ…汗)





| comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 2018.06.14 Thursday 23:59 |
クラウドファンディング
5/13(日)放送のロック大陸漫遊記、聴いた方も多いと思いますが、「ちょっぴりタイムマシーン」のコーナーにてまさかのピロカルピン「京都」が!!!
番組も終盤に差し掛かり、マサムネの喋り声が心地よくて一瞬寝落ち(ゴメンナサイ汗)しかけたところへ曲紹介されて飛び起きました。
特に「京都」はめちゃくちゃ好きな曲なので感激!
私の中では全然タイムマシーン案件じゃないので、えっ?このコーナーで?という驚きはありましたが(汗)、「最近のアルバムもいい」って新譜もチェックしてる様子だったので嬉しかったです。
あれからずっと聴いてくれてるんだ〜♪
しかも後の情報によると、去年の新木場サンセットで吉田ヨウヘイgroupのサカモトノボルさん(※ピロカルピンの現サポートベーシストさんです)が挨拶しようとしたら、マサムネのほうから「ピロカルピンでも弾いてますよね!」って話しかけてくれたとか。
それはかなり嬉しい!(≧▽≦)

で、そのオンエアされた「京都」ってどんな曲?ということでYoutubeリンクでも貼りたいところですが、初期の代表曲なのにまだ正式なPVが作られておらず。
ちょうど今、この曲の新たなレコーディング&PV作成のためのクラウドファンディングが立ち上がっています。
めでたいことに既に目標額を達成したので作成されることはもう確定しているのですが(嬉)、支援したいという方はまだ間に合いますので、よろしければ↓コチラまで!
https://camp-fire.jp/projects/view/70019
締め切りが6/2まで(コンビニ決済の方は5/31 18時まで)なのでギリギリですが、ラジオを聴いて気になった方、PV見てみたいかも!という方はぜひぜひ。

「京都」が無いので、それ以外で好きな曲をいくつかペタリ。





以上、久々のピロカルネタでした〜。
(ちなみに最後の↑は「愛のことば」のPVと同じロケ地だそうです!)




| comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 2018.05.30 Wednesday 23:59 |
駆け込み花見
花見と言っても、近所の桜並木を散歩しただけですけど。

去年と似たような写真(加工も笑)ですが、今朝撮ったやつです。
↑去年撮ったとき、「来年またここで桜を見る時、果たして自分は何をしているのか」と書きましたが、例の仕事の件でまだ分からない状況だったので…。
無事進路が決まって良かったです。


こちらは夕陽と桜。
出先から戻ってそのまま帰宅するのがもったいなかったので、再び同じ並木道をぐるっとお散歩。
さらに今夜はブルームーンということで満月と桜も撮りたかったのですが、アレコレやっててタイミング合わず(汗)。
(こないだ夜に撮ったやつが満月じゃないけどそこそこ気に入ってるので良しとしようそうしよう。)
次回のブルームーンは2020年10月だそうです。
その頃は東京オリンピックも終わってるんだなぁ…。それこそ、果たして自分は何をしているのか??気になります。

+++

そんなこんなで3月も終わり。
昨日のラストヘビーメロウはバタバタしててじっくり聴けないうちにぬるっと終わってしまいました(汗)。
なんでも最後のめざまし星占いはいて座が最下位だったそうで。
作者さんの星座が最下位で、「信じていいかい? 泣いてもいいかい?」で終わる、なんて綺麗なオチ(笑)。
ともあれ1年間楽しませていただきました。m(__)m

さて、明日から4月!
やっっっっっと2018年ライブ始めです。
その前に早速休日出勤があってアタマちょっと欠けちゃいますが(悲)、そのぶん思いっきり楽しむぞ!




| comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 2018.03.31 Saturday 23:59 |
いざ鎌倉!
この土日、私は仙台ロックのほそ道・・・ではなく、鎌倉&江の島へ行っておりました。
が、その前に東京でまずコレを!


何回観るんだって話ですが(汗)、今回はいよいよ初日舞台挨拶!
前回のブログでチケット外れたと書きましたが、直前で譲って下さるという方が現れて、ありがたいことに参加することができました。
使い果たしたと思ってた運、まだあった…!
本当に感謝、感謝です。m(__)m
今回は大きなスクリーンの後方席だったので映画を観るにはちょうど良く、やっと普通に「映画らしく」鑑賞できたかな?
観るのはこれで3回目でしたが、やっぱりまた泣きました。(涙もろ過ぎ。)
上映が終わって場内拍手喝采の中、舞台挨拶に登場したのは堺雅人、高畑充希、堤真一、安藤サクラ、田中泯、中村玉緒、そして山崎貴監督。
上映後の舞台挨拶ということでネタバレトークばんばんするのかと思ったら、マスコミ収録を考慮してそこまで踏み込んだ話題は無かったのですが、それでもちょこちょこぶっちゃけてくれたし、初出しネタもあって楽しかった!
堺雅人をはじめ、壇上のキャスト陣のわちゃわちゃが楽しくて、例の双眼鏡でガン見。(←ちゃっかり持参しました。)
ヒット祈願ということで鏡割り&乾杯もありました。
これ、早くもパート2が観たいのでぜひぜひヒットお願いします〜!m(__)m

で、舞台挨拶が終わったその足で、鎌倉&江の島を1泊2日で巡ってきました。
鎌倉は大昔親に連れられて来たことあるみたいなんですが、物心ついてからは初めて。
というわけで、大仏さま。

ものすごい大きいイメージだったんですが間近で見ると意外とこじんまり。
胎内にも入ったんですが、小さい頃なんとなく覚えてる「なぞの暗い空間の上空から明かりが差してる」記憶はやっぱりコレだったのかな〜?
↓その背中の窓。なんとなくマツコデラックス感ある後姿。


鶴岡八幡宮では神前結婚式を何組か見かけて幸せな気持ちに。


鎌倉高校前。ほんとは江ノ電が通る瞬間を撮りたかったけど、先を急いでいてその電車に乗りたかったので、風景だけパチリ。


長谷寺の近くの御霊神社は、線路を渡ってお参り。宝物館も覗きました。


江の島へは初上陸。
↓このぐにゃぐにゃ文字は「江島大明神」と書いてあるようです。(火曜サプライズ情報)

食べ歩きしつつ、エスカーで頂上へ。

シーキャンドルのライトアップ。行った日はちょうどつるの剛士がライブをやってました。


他にもあちこち巡りましたが、全然時間が足りなかった…!
映画のロケ地巡りというよりは、このところの怒涛の番宣で堺雅人が訪れた場所巡りみたいになったのでここでは割愛しますが(汗)、お天気にも恵まれたし、生しらす丼も食べれたし、充実の聖地巡礼旅行でした。
今度は紫陽花の時期に行ってみたいな〜♪

おまけ。
江ノ島駅前の車止めのすずめさんがクリスマス仕様でした。かわいい!


そして黄泉行きの江ノ電。期間限定の映画コラボ車両に乗れました♪


おみやげはもちろん鳩サブレー、映画コラボ缶バージョン。


映画コラボの江ノ電スタンプラリーもコンプリート!
おつかれさまでした〜!





| comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 2017.12.11 Monday 23:59 |
DESTINY鎌倉ものがたりワールドプレミア
前回書いた映画の完成披露試写会に昨日行ってきました!
映画絡みの遠征は横サン以来です。堺雅人ブームもついにここまで!!
DESTINY鎌倉ものがたり

東京国際フォーラムにて、上映前の舞台挨拶には主演の堺雅人&高畑充希と、堤真一、安藤サクラ、田中泯、中村玉緒、要潤、神戸浩、鶴田真由、吉行和子、三浦友和、そして山崎貴監督が登場。
こういうイベント自体初体験だったし、こんなに一度に大勢の芸能人を生で見たのも初めてだったので、もうただただ圧倒!(@_@)でした。
全員テレビで見たまんまで、「動いてるー!」「喋ってるー!」という感動しか無かった…(汗)。

映画本編ももちろん良かったです!
最初はぶっちゃけ邦画でこんなCGバリバリのファンタジー、大丈夫なのかな?と不安もあったけど、クスッと笑える所がたくさんあって、泣けるシーンもあって(←人の生き死にの描写に弱い)、まんまとハマりました。
後半どうしてもほぼCGなので、原作の世界観が好きな方はどう感じるのか分かりませんが、堺雅人ファンなら間違いなくハマると思います。
基本和装だし、パジャマシーンもあるし、××××する時の顔がいちいち面白い(笑)。
そして何と言っても、物語の核となる一色先生夫妻の描写が可愛らしくて!!
DESTINYってタイトルは監督が付けたわけじゃないそうですが、観終わって、そういう事か〜!と深く納得しました。
脇を固める登場人物も皆良かったし、最初ナニコレと思ってた得体の知れない魔物キャラ達にも愛着が沸いて、公開までまだ日があるのに早くまた観たくてソワソワ。
再来週、今度は鎌倉で野外試写イベントがあるそうです。さすがに何度も平日休めないので今回は応募せず見送りますが。。
興味ある方はぜひ!→http://kamakura-movie.jp/

ちなみに昨日の舞台挨拶、視力だけはイイので裸眼勝負のつもりだったけど、せっかく生で拝むのに米粒な席だったらやっぱり切ないと思って(←当選ハガキ引換時にランダムで決定)、当日急遽双眼鏡を購入。
で、どうせ買うなら…と、以前ツイッターで知った、マサムネが「付箋レシピ」のツジメシさん(辻村哲也さん)から送って貰ったという双眼鏡を調べて、ちょうど同じ型・同じ色の物がヨドバシでセールしてたので即ゲット。
結果 1階席の真ん中やや後ろの席で、肉眼でもじゅうぶん見えたんですが、ここぞとばかりに双眼鏡でガン見しまくっちゃいました。
その一挙手一投足が可愛かった〜〜〜!
堺雅人は実在した!!!(感動)


試写会に行けたら、初日舞台挨拶(たぶんあるはず)はもうイイかな〜なんて思ってましたが、この感動を知ってしまったからには…また応募してしまうかもしれません。
今度は土曜だし!

というわけで、この道はどこまで続く・・・?(^^;




| comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 2017.11.08 Wednesday 22:59 |
ササミュー
おとといは中京テレビの「ササシマMUSIC BASE」という音楽番組のライブ観覧に行ってました。
ちなみにササシマ(笹島)ってのは名古屋の地名です。ZeppNagoyaがあるあのあたり。
去年そこに中京テレビの本社が移転して、そこから始まった月イチペースのライブ番組だそうです。今回で放送2年目に突入らしいのに観覧募集の告知見るまで番組自体知らなかった…。
先月の放送でフラカンが出てたので慌てて見て予習。

というわけで、人生2度目の番組収録体験。初体験の時と同じく、お目当てはバクホンです。今度の野音ワンマンには行かないのでマニヘブまでライブ無いやーと思ってたけど、その前にコレがあった!
今回の出演バンドは、初めましてのFABLED NUMBER、二度目ましての鳴ル銅鑼、そしてn度目ましてのバクホン、の計3組。
スタジオのキャパは2〜300人くらいだったかな。ステージがかなり高い位置にあって終始見上げる感じでしたが、普段では見れないような近さで楽しめたし、ライブハウスと違って照明が明るいのでバッチリメンバーを拝むことができました。
FABLED NUMBERはエレクトロダンスロック? 踊れる感じでわりと好み路線でした。大阪のバンドらしく、MCのノリがイイのもギャップ。
鳴ル銅鑼は今回も特徴的なSE(←映画「愛のむきだし」の満島ひかりの長セリフらしい)ののち、ボーカル三輪さんが和傘クルクルしながら登場。独特な世界観の曲と、実直なMCが印象的でした。
トリのバクホンは、マツがMCしなかった…!(驚くのそこかい。笑) ライブ後のコーナーではしっかりマイク渡されてましたけども。
演ったのはたった4曲だったけど、バラードさえも凄まじい迫力で、終わってみれば将司だけピンポイントで雨に降られたみたいに汗がボタボタ。改めて、滾りました。(ただ、将司の黒シャツの前身頃が左右違う長さで、もしかしてボタン掛け違えてる?って気になって仕方なかった…汗。そういうデザインなのか、真相はオンエアで確かめたいと思います☆)

番組スタッフさん達が全体的に若くて、若手が頑張って作ってる番組!って印象を受けました。
あとカメラマン&アシさん用の進行表があって、流れ(歌詞?)が細かく印字されてる上に要所要所マジックで「Vo Vo Gt Gt→下から」みたいに書き込まれてて、ここでボーカルをアップで撮るんだな、ここでギターソロを下からパンするんだな、みたいなのが分かって面白かったです。
10/21(土)24:55〜オンエアらしいので、中京テレビ圏の方は是非!





| comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 2017.10.07 Saturday 11:37 |
「関ヶ原」
先週の話ですが、映画「関ヶ原」、観てきました。
岡田君の三成も良かったけど、何と言っても平岳大演じる島左近が渋かっこよかった!!!
ストーリーは全体的に駆け足で、セリフも早口で聞き取りにくいところが多かったけど、メインの合戦シーンはさすがの迫力でした。
ハリウッド映画ばりの臨場感で、こういうのが観たかったんだ〜。
だって去年は40秒で終わっちゃったから・・・。(しかも佐助伝達;)
小早川秀秋のシーンとか、結構グッと来てしまいました。
それから滝藤賢一演じる秀吉の名古屋弁が、生粋の名古屋人の旦那も感心するほど完璧なイントネーションでびっくりしたんですが、滝藤賢一って名古屋出身なんですね!どうりで…!あの鋭い眼光といい、老いてゆく様といい、秀吉役めちゃめちゃハマってました。
DVDが出たら、今度は字幕付きでじっくり見たい!

それにしても、関ヶ原も桶狭間も小牧・長久手も長篠も三方ヶ原もすぐ行ける距離なんだよな〜…と今更ながら。(長久手に至っては生活圏内ですし。)
いまだに部分的にふんわりとしか理解できてない日本史オンチの私ですが、せっかくちょっとずつ興味が湧いてきて、こうして近場に古戦場やらお城(城跡)やらがいっぱいあるんだから、それこそブラタモリ的な感じでブラブラしてみるのもいいな、なんて思い始めてます。

今日9/15は旧暦で関ヶ原の戦いが起こった日ということで、新宿バルト9では声出しOKの応援上映なるものもあったようです。
ちょっと楽しそう。
ちなみに昨日9/14は横サンの日でしたね。言われるまですっかり忘れていましたが…(汗)。
こちらのDVDもしつこく待ってます!





| comments(0) | trackbacks(0) | 日記 | 2017.09.15 Friday 23:37 |