CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
CATEGORIES
PROFILE
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
奥田民生 生誕50周年伝説“となりのベートーベン” [DVD]
奥田民生 生誕50周年伝説“となりのベートーベン” [DVD] (JUGEMレビュー »)
奥田民生
マサムネが「スカイウォーカー」をカバーしています。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
松本隆 作詞活動四十五周年トリビュート 「風街であひませう」(完全生産限定盤)
松本隆 作詞活動四十五周年トリビュート 「風街であひませう」(完全生産限定盤) (JUGEMレビュー »)
VARIOUS ARTISTS,安藤裕子,小山田壮平&イエロートレイン,草野マサムネ,クラムボン,斉藤和義,手嶌葵,中納良恵(EGO-WRAPPIN’),ハナレグミ,やくしまるえつこ,YUKI,細野晴臣
RECOMMEND
ロックンロールが降ってきた日3
ロックンロールが降ってきた日3 (JUGEMレビュー »)

アーティストがロックンロールとの出会いを語る、シリーズ第3弾。
但野正和/ワタナベシンゴ/のび太/尾崎世界観/小山田壮平/後藤正文/山田将司/峯田和伸/田中和将/中村一義/鈴木圭介/曽我部恵一/草野マサムネ/奥田民生/加山雄三
RECOMMEND
放浪隼純情双六 Live 2000-2003 [DVD]
放浪隼純情双六 Live 2000-2003 [DVD] (JUGEMレビュー »)

2003年にリリースされたあの限定生産ライブ映像集が、DVDのみの廉価版となって登場!
RECOMMEND
小さな生き物 【デラックスエディション(完全数量限定生産盤)】(SHM-CD + 2Blu-ray)
小さな生き物 【デラックスエディション(完全数量限定生産盤)】(SHM-CD + 2Blu-ray) (JUGEMレビュー »)
スピッツ
完全数量限定生産のスペシャルパッケージ仕様。ボーナストラックの他、PVと撮り下ろしライブ映像ディスク、オリジナル拡大鏡のオマケ付き。
RECOMMEND
言葉ははかない スピッツ写真集
言葉ははかない スピッツ写真集 (JUGEMレビュー »)
スピッツ
カメラマン内藤順司氏が撮り続けたスピッツ20年の軌跡!
RECOMMEND
とげまる20102011(初回限定版) [DVD]
とげまる20102011(初回限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)
スピッツ
初回限定版はボーナスディスク、ボーナスCD×2、写真集をハードケースに収めた超豪華限定仕様!
RECOMMEND
おるたな
おるたな (JUGEMレビュー »)
スピッツ
シングルカップリング曲+カバー曲を集めたスペシャルアルバム第3弾!
RECOMMEND
ソラトビデオCOMPLETE 1991-2011(初回限定盤) [DVD]
ソラトビデオCOMPLETE 1991-2011(初回限定盤) [DVD] (JUGEMレビュー »)
スピッツ
メジャーデビュー20周年記念!今までの全ビデオクリップ収録+「新月」「どんどどん」も撮り下ろし!初回盤は特典DVD付き!
RECOMMEND
JAMBOREE TOUR 2009 ~さざなみOTRカスタム at さいたまスーパーアリーナ~(初回限定盤) [DVD]
JAMBOREE TOUR 2009 ~さざなみOTRカスタム at さいたまスーパーアリーナ~(初回限定盤) [DVD] (JUGEMレビュー »)

6年振りのライブDVD!初回限定盤は本編DVD+ボーナスDVD+ボーナスCD+豪華ブックレット仕様!!
RECOMMEND
旅の途中
旅の途中 (JUGEMレビュー »)
スピッツ
バンド結成からの20年を振り返る、メンバーによる書き下ろしエッセイ。
RECOMMEND
スピッツ
スピッツ (JUGEMレビュー »)
ロッキング・オン・ジャパン
91年のメジャーデビューから、98年のアルバム「フェイクファー」リリースまでのインタビューと写真が満載です。スピッツの軌跡をこれ一冊でおさらい!
RECOMMEND
音楽誌が書かないJポップ批評 46 (46)
音楽誌が書かないJポップ批評 46 (46) (JUGEMレビュー »)

スピッツとラブリー・ロック大全
RECOMMEND
RECOMMEND
CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection (初回限定盤12cmCD付)
CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection (初回限定盤12cmCD付) (JUGEMレビュー »)
スピッツ, 草野正宗, 笹路正徳
「空も飛べるはず」のデモ・トラック「めざめ」を収録
RECOMMEND
CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection (初回限定盤12cmCD付)
CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection (初回限定盤12cmCD付) (JUGEMレビュー »)
スピッツ, 草野正宗, 笹路正徳, 棚谷祐一, 白井良明, クジヒロコ
「夢追い虫」のearly versionを収録
Twitter
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
OLD DIARY
SPONSORED LINKS
OTHERS

鳥になっちゃう屋根裏部屋

「鳥になっちゃう部屋」の屋根裏ブログです。
スピッツのこととか、スピッツ以外のこととか。日々つれづれ。
<< あけました! | main | 30周年ツアー! >>
近況とプチネタ
年末から続いていた真田丸ロスがいつのまにか堺雅人ロスになり、過去の出演作を手当たり次第見まくっている芽ぐみですこんばんは。
(日本史に関心持つようになったなんて書いておきながら、そこから武将とかに行かずに俳優に行くところが私のミーハーなところ;)
堺雅人は今まで特別好きというわけでもなく、「あの笑った顔がなんかコワイ」くらいにしか思ってなかったのに、気付けばずぶずぶと…。
そんなわけで最近時間があればテレビばっか見てるのでPC触るのが久しぶりになっちゃいました。
気付けば1月ももう半分以上過ぎ、その間スピ情報もちょこちょこ出てきたので、自分用メモを兼ねてまたまた羅列してみます。


★「スターゲイザー」がCMソングに
http://www.subaru.jp/forester/forester/
昨日からOAスタートしたSUBARUフォレスターの新CMに「スターゲイザー」が起用されています。
新曲ではないけど、引き続きスピッツで嬉しい♪
コレこのままシリーズ化してくれたらもっと嬉しいな〜。そしたら次回作あたりでまた新曲起用なんてことも…?

★スペシャMUSIC AWARDにスピッツがノミネート
https://tokyomusicodyssey.jp/
この中の「BEST GROUP ARTIST」部門にスピッツがノミネートされています。
おお〜。どのバンド・グループも納得の顔触れですが、この中だったらイエモンかな〜?
でもここはスピに1票入れたいところ。
一般投票で決まる「PEOPLE'S CHOICE」部門への投票が2/28まで受付中なので、投票したい方は忘れないうちに!

★「3月のライオン」の主題歌に「春の歌」
http://natalie.mu/music/news/216641
これは原曲ではなく藤原さくらのカバーですけど、一応スピネタってことで。。
そもそも原作漫画の着想にスピッツの「春の歌」が関わっていたんですね。それならそのまま主題歌もスピッツで良かったじゃんて気もしますが、過去の曲をやたら再利用されるだけよりは新しいしイイのかなと思います。(スターゲイザーの話と相反しますけど、それはそれ、これはこれで…汗)
藤原さくら嫌いじゃないし、特に今回このハネたリズムアレンジが好み路線でイイ感じ!
原作漫画は最初のほうだけ読んでフェードアウトしてしまったので、機会を見つけてまた読みたいな。

★MOTORWORKS再発アンケート
http://ishidashokichi.com/blog/?p=108
これも一応スピネタということで。
現在MOTORWORKSのCD作品が廃盤になっているらしく、再発実現に向けたアンケートを実施中とのことで石田ショーキチさん&田村君が協力を呼びかけています。(↑のショーキチさんのブログから専用フォームにアクセスできます。)
ぜひ再発して欲しい!という方はアンケートにご協力&情報拡散をよろしくお願いします。

★「醒めない」ベルゲン盤を購入した方へ
これは自分が忘れそうなんでメモ。ベルゲン会員限定動画の試聴期限が1/26に迫ってますので、見た方もまだの方も見納めお忘れなく〜!


…書こうと思ってたお知らせ系はこのくらいかな?
お知らせではないスピネタとしては、先日ドラム飲み会とベース飲み会が立て続けに開催されたようで、今年も大勢のアーティストが集結した写真がツイッターやインスタに上がってて、崎ちゃんとバクホンのマツ、田村君とバクホン岡峰さんを発見して嬉しかったとか、そんなところ。
(こういった情報の拾い読みは大抵スマホで事足りるのでますますPC立ち上げない日々。。)

バクホンといえば、バクホンの次のシングルが宇多田ヒカルとの共同プロデュース、というのが私の(まだ始まったばかりですが)今年一番のニュースです。
元々宇多田ヒカルがバクホンのライブに通ってたり、将司が宇多田ヒカルのアルバムに参加したりっていうのは知ってたけど、バクホン名義のシングルに宇多田ヒカルが参加する構図はまったくもって予想外でした。
ドキドキとワクワクとヒヤヒヤ?が混ざったような感覚ですが、面白そうではあるので楽しみに待ちたいと思います。

スピッツも早く何かしらの新作情報が欲しいところですがまだしばらく先かな〜?
それよりツアー延期公演が終わったあとのライブ予定が気になります。
30周年のアニバーサリー的なことはきっとやると思うのですが、やるならやっぱり夏? もっと前?
他のアーティストの今年のライブ情報が続々と発表されているので、なんだかソワソワしてしまいます。

そんな私は来月のTRAVIS来日公演が今年のライブ初めとなりそうです。
2度目の洋楽ライブ、楽しみ!






| comments(0) | trackbacks(0) | 日記+スピッツ | 2017.01.19 Thursday 23:59 |
スポンサーサイト
| - | - | - | 2017.02.18 Saturday 23:59 |









http://magnet.jugem.cc/trackback/639